Home

技術系のメモと日々の雑感

リゾルバキャッシュのクリア

DNS の情報を変更して、ブラウザでその変更したサーバを見に行っても新しい情報でアクセスできないことがよくあるけど、探したら回避策があった。
http://support.microsoft.com/kb/318803/ja
とっても簡単。
コマンドプロンプトで

ipconfig /flushdns

を実行するだけ。
これで Windows のリゾルバが持っているキャッシュをクリアしてくれる。
Microsoft のサポート情報によると、デフォルトの保存期間は、肯定応答が1日で否定応答は15分に設定されているらしい。
覚えとこ。

haldaemon 起動失敗

この前、CentOS5 で CD-ROM ドライブを使おうとしたときに

Cannot connect to HAL device manager

というエラーが出た。
使わないサービスが動いているとセキュリティ的によろしくないので普段から極力削っているんだけど、うっかり必要なサービスまで落としてしまったらしい。
メッセージから haldaemon はすぐに分かったけど、他に前提となるサービスがあるらしく起動してくれない。
そこで一旦サービスをデフォルトの状態まで戻して、ひとつひとつ落としながら確認したところ messagebus が止まっていたのが原因だった。
haldaemon の起動スクリプト(/etc/rc.d/init.d/haldaemon)の description とかに messagebus が立ち上がってないとだめだよ、といった記述があれば解決は早かったんだけどなぁ。
いや、そもそもちょっと前までは CD-ROM ドライブを使うために特定のサービスが動いてないといけないなんてことなかったのになぁ。
便利になったのか不便になったのか・・・。
とにかく次にまたハマらないよう備忘のためにメモ。

スナップショップ?

何気なく Google のキャッシュを見ていたら、上の方にある説明の中に変な言葉が。
スナップショップ?
文脈から考えたらスナップショットだと思うんだけど。
ひょっとしてレアなネタを一番乗りで書けるかと思って検索してみたら、すでに何人かがブログに書いててがっかり。
そのうち修正されるはずなので証拠としてイメージを貼っておこう。
ちなみに Google でスナップショップを検索すると
「もしかしてスナップショット?」
って言われてしまうんだけど。
もしかして、わざとやってる?

MicroClient Jr

Software Design の2007年10月号を眺めていたら、久しぶりに物欲を刺激されるモノを発見。
NorhTec 社の MicroClient Jr という超小型 PC だ。
OpenBlocks とか、ネットワーク経由の操作を前提とした他の製品と違って、この大きさでモニタやらキーボードやらポートをひと通り揃えてるのがいいねぇ〜。
自分へのクリスマスプレゼントはこれでキマリかな。

激しく遅い HDD

dmesg にも messages にもエラーは出てないのに、書き込むと激しく遅い HDD が手元にあったりする。
フロッピィにも負けそうだ。
そんなの捨てろって?
そう、廃棄する HDD なので、その前に /dev/urandom で上書きしておきたいんだよね。
昨日からやってるけどぜんぜん終わる気配なし。
ちなみに、この手の作業って dd でデバイスに直接書き込むよりも、パーティションを切ってマウントしてからサイズの大きなファイルを作る方がいいね。
こっちならどれだけ進んだか分かるし。
それに、途中で止めたり再開するのも簡単だからね。