Home

技術系のメモと日々の雑感

vim のオートインデントを無効にしたい

Vine の vim で PHP のソースをいじっているとき、行をコメントアウトすると自動でインデントされるのをどうやったら無効にできるのかと思って調べてみたら
autocmd FileType * set indentexpr&
という設定でいけることが分かった。
忘れないようにメモ。
PHP のソースだけ無効化することもできるけど、どうもこの動作が好きになれないのですべてのファイルタイプで無効にしている。
ちなみにこの設定以外で Vine のデフォルトから変更しているのは

set nobackup
set noautoindent
set nohlsearch

といったところ。
やっと安住の地が見付かったかな。

ネットワークインストールの速度比較

Linux をネットワークインストールするとき、通常、プロトコルは HTTP とか FTP が選択できるようになっているけど、あまり考えずにいつも HTTP を選んでいた。
過去に誰かに HTTP の方が速いと聞いたからだ。
ところが根拠を思い出そうとしてもずっと分からないまま。
聞いておけばよかったなぁ・・・。
で、この際スッキリするために実際に比べてみることにした。
サーバ側は Vine 4.2 のマシンで、クライアント側に CentOS 5.1 をインストールしてみる。
ネットワーク上にはサーバとクライアントの2台だけしかいない環境にした。
また、パッケージグループはすべて選択することにした。
「次をクリックすると CentOS のインストールを開始します」の画面から「おめでとうございます」の画面が表示されるまでの時間を計ってみると、FTP が15分40秒、HTTP が13分20秒で、噂どおり(?)HTTP の圧勝だった。
でも、何でこんなに差が出るのだろうと疑問に思って、後でもう一度それぞれのインストールをやり直してサーバ側の状態を見ていたら、ちょっと興味深い動きをしていた。
FTP の場合、最初から最後まで1つのコネクションをずっと使い続けるだろうと想像していたんだけど、実際には定期的に張りなおしているようだ。
netstat で見張っていただけなのではっきりとは分からないものの、ひょっとしたら個々のパッケージごとに張りなおしているかもしれない。
これって、長時間コネクションを張ったままにするとタイムアウトしてサーバから切断される可能性があるので、それを回避するためなのかな。
FTP はコネクションが張られる度にクライアントのアドレスを逆引きするので、この部分でも時間がかかっているはずだ。
今回の比較に使った環境ではサーバ側に DNS を同居させていたのでマシだけど、別の DNS サーバに問い合わせる場合はもっと遅くなるだろう。
一方、HTTP は元々コネクションを維持する概念がないのでパッケージごとに張るのは当然として、この部分のオーバーヘッドが少ないことが有利に働いているのではないかと思う。
あと、時間を計ったところ以外のステップで、HTTP は同時に複数のコネクションを張っていることがあった。
なのでインストール全体だと差がもっと広がりそうだ。

Lunar Lander

大昔に、知り合いの家にあった PC(と呼んでいいのかな?)で宇宙船を操って着陸させるゲームをプレイしたことをふと思い出した。
単純なゲームだけど、初めて見たときはその滑らかな動きに感動したものだ。
当時はテープから読み込んでいたので、今ではもう化石のようなゲームだね。
で、もう一度やってみたいという衝動にかられて探してみたら、意外とメジャーなゲームだったらしく、Windows 用の exe や Flash で作られたページなど色々と見付かった。
その中でいちばん自分のイメージに近かったのが次のページ。
http://www.moonsystem.to/game/index.html
懐かしぃ〜!
着陸ポイントに近づいたらズームするのがシブいね。

お天気 GNOME のレーダーマップ

最近知ったんだけど、お天気 GNOME にはレーダーマップを表示する機能があるんだね。
CentOS 5 の場合、デフォルトでは設定画面の「レーダーマップを有効にする」がチェックされてないので、これを有効にしてから、詳細画面の「レーダーマップ」のタブをクリックすると表示してくれる。
降水量の分布を見るだけならいちいち天気予報のサイトをブラウザで開かなくていいので便利だ。
ちなみに、設定画面の「レーダー・マップのアドレスをカスタマイズする」にチェックして、「アドレス」を指定すれば表示するデータを変更できるので試そうと思ったら、イメージファイル名が時間ごとに変更されているサイトが多くて、利用できるところは意外と少なかった。
ざっと探してうまくいったのは次のサイトぐらい。 ※URLは近畿のデータ
http://www.bioweather.net/imagefiles/radar/radar06_0.png
デフォルトの方が見やすいので、今は設定を戻してしまったけど。
あと、設定画面の「アドレス」に指定するのはイメージファイルへの URL なので、別にレーダーに限らず天気図でも衛星画像でも問題ない。
台風の進路図を見るのが好きな人がいるけど、そんな人でも大丈夫だ。

smartctl の出力についてまとめてみた

HDD が壊れやすいパーツだというのは分かっているから、データのバックアップはマメに取るようにしている。
でも、そもそも壊れる前兆を知ることができたら、もっと色々と準備しておけるはずだ。
ある日、ふとそんなことを考えて、前から気になっていた S.M.A.R.T について調べてみることにした。
CentOS では標準で smartctl コマンドが使えるから、家にある HDD を片っ端から -a オプションでチェックして、出力された内容をまとめた上で、ざっくりと説明を付けてみた。
自分用のメモなので結構適当だし、間違いもあると思うから、くれぐれも鵜呑みにしないように・・・。
※このエントリはブラウザの幅を広げて見るのがオススメ

続きを読む