Home

技術系のメモと日々の雑感

OpenOffice Calc の印刷範囲指定

OpenOffice Calc を使っていたら、複数のシートのうちの1枚目のシートしか印刷されないという現象に遭遇。
まだ Calc の操作に慣れてないので悩むこと1時間・・・。
Web で調べてようやく原因が判明した。
メニューの [書式] - [印刷範囲] - [追加] で印刷したい範囲を指定しないと印刷対象にならないらしい。
開いているシートが自動的に印刷対象になる Excel と比べると、ちょっと面倒だね。
ちなみに、セルの範囲を選択して指定してもいいけど、複数ページにまたがらないような狭い範囲のデータなら、すべてのセルを選択してから上に書いた操作をするだけでよかった。
これでデータがある範囲だけを適当に印刷してくれる。
あと、これは知り合いに教えてもらったんだけど、自動的に用紙サイズに縮小して印刷させるには、メニューの [書式] - [ページ] - [シート] の拡大縮小モードを「印刷範囲をページ数に合わせる」にすればいいそうだ。
これも覚えとこ。

Xen のコンソールのキーマップがおかしい

CentOS 5 で virt-manager から開いたコンソールのキーマップがおかしいことに気づいた。
US キーボードとして動いているみたいだけど、まったく入力できない記号があったりする。
で、解決策を探してみたところ、/etc/xen/[設定ファイル] に

keymap='ja'

を追加したらいいという情報を見つけたけどダメ。
man xmdomain.cfg を見ても keymap の記述がないので対応してないようだ。
「:」 が入力できないので vi が終了できなくて焦った。
後で「ZZ」で終了できることを思い出したけど、これってやっぱり「:」が使えない端末のために用意してあるんだろうな。
って、先人の知恵に感心してる場合じゃないか・・・。