Home

技術系のメモと日々の雑感

Xen のコンソールのキーマップがおかしい

CentOS 5 で virt-manager から開いたコンソールのキーマップがおかしいことに気づいた。
US キーボードとして動いているみたいだけど、まったく入力できない記号があったりする。
で、解決策を探してみたところ、/etc/xen/[設定ファイル] に

keymap='ja'

を追加したらいいという情報を見つけたけどダメ。
man xmdomain.cfg を見ても keymap の記述がないので対応してないようだ。
「:」 が入力できないので vi が終了できなくて焦った。
後で「ZZ」で終了できることを思い出したけど、これってやっぱり「:」が使えない端末のために用意してあるんだろうな。
って、先人の知恵に感心してる場合じゃないか・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/09/21(水) 14:28:46

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する