Home

技術系のメモと日々の雑感

時々役に立つ iptab

iptables を叩くときに ipt[Tab] で補完しようとして気づくというのが定番らしいけど、自分もこのパターンで iptab に出会ってしまった。
CentOS だと perl-Net-IP パッケージをインストールしていると使えるコマンドだ。
実行すると

+----------------------------------------------+
| addrs   bits   pref   class  mask            |
+----------------------------------------------+
|     1      0    /32          255.255.255.255 |
|     2      1    /31          255.255.255.254 |
|     4      2    /30          255.255.255.252 |
|     8      3    /29          255.255.255.248 |
|    16      4    /28          255.255.255.240 |
|    32      5    /27          255.255.255.224 |
|    64      6    /26          255.255.255.192 |
|   128      7    /25          255.255.255.128 |
|   256      8    /24      1C  255.255.255.0   |
※以下略

という風に表示してくれるので、サブネットマスクやプレフィックスを調べるのにとても便利。
ただ、iptables の設定をしているときはやっぱり邪魔だね。
かといってパッケージごと削除してしまうのもアレだし。
で、こういうときに私がよくやるのはコマンドの頭にアンダーバーを付けるという手だ。
いわゆる自分ルールってやつだ。
この方法だと、万が一コマンド名を忘れてもアンダーバーでタブ補完すれば済むからね。
今回も _iptab にリネームして平和になったとさ。
めでたしめでたし。
まぁ、あまり人に勧められる方法じゃないけど・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:47:07

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する