Home

技術系のメモと日々の雑感

Nagios の設定で引っかかったところ

ここ何日か Nagios の設定をしていた。
デーモンはちゃんと起動していて設定も問題なさそうなのに、アラートが飛んでこなくてハマったことが何度かあった。
せっかくなのでざっと書いておくとしよう。

check_smtp のタイムアウト : デフォルトで10秒よりも大きな値にしないと通らないホストがあった
enable_flap_detection : 今使っているバージョン(3.0.6)だとデフォルトで enable_flap_detection が有効になっているので、テストとかでホストを上げたり落としたりしたときに State が Flapping になることがあった
TCP_Wrappers の設定ミス : NRPE を入れた監視対象のホストで /etc/hosts.deny を ALL:ALL にしているのを忘れていた

と、まぁ、こんなところか。
どれも些細なミスだね。
で、ひと通り動くようになってから日本語ドキュメントを眺めたら、とても詳しく書かれていて、上に書いたような問題はほとんど解決できてしまいそうな勢いだった。
ホストとかサービスのパラメータの詳細はもちろんだけど、理論をまとめたドキュメントは読み物としても面白い。
特に、通知の説明はこれから設定しようとする人は必読じゃないかな。
ほんと、先に読んでおけばよかったよ・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:51:22

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/14(日) 20:59:56

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する