Home

技術系のメモと日々の雑感

xenconsoled を止めないために

Xen を使っていると、xm console を実行したときに

xenconsole: Could not open tty `/dev/pts/2': No such file or directory

というメッセージをよく見るね。
ご存知の通り xenconsoled が落ちてるせいだ。
暇なときに、根本的に落ちないようにする方法はないのかと思って調べてみたけど見つけられなかった。
起動しなおせば済むんで原因を追及する人がいないんだろうね。
ということで、自分も対症療法として

#!/bin/sh
pgrep xenconsoled > /dev/null 2>&1
if [ $? -ne 0 ]; then
  /usr/sbin/xenconsoled
fi

というスクリプトを /etc/cron.hourly に入れておく。
関係ないけど pgrep 便利だな〜。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:48:35

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/14(日) 03:35:12

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/02/11 18:46:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する