Home

技術系のメモと日々の雑感

Apache の graceful で悩む

とある Web サイトを立てたときの話。
アクセス数は大したことないものの、コンスタントに見にくる人がいるサイトだったので、Apache の再起動のときは影響を少なくするために graceful を指定していた。
自分ではこれで問題なく運用しているつもりだったんだけど、ある人から、今の設定では logrotate が走るときに Apache の子プロセスが強制的に切られるよと言われて冷や汗。
logrotate の設定はバーチャルホスト用のログの指定を追加したぐらいでデフォルトのを使い回していた。
確認してみると、/etc/logrotate.d/httpd では httpd の rc スクリプトが reload 付きで呼ばれている。
ここまではなんとなく記憶にあった。
で、/etc/rc.d/init.d/httpd の reload の処理を見ると、確かに -HUP が送られるようになっていた。
なるほど、そういうことか。
でも、logrotate が走るときにも graceful で呼ばれるようにすると、リクエストを処理しているバーチャルホストのログだけローテーションされるタイミングが遅れるんじゃないかな?
結局、graceful だけで運用するのもちょっと不安ということで、logrotate の頻度を週イチに減らして逃げることになった。
ときには ”解決したように見せる” ことも必要だしね。
って、誰に言ってるんだろ・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/16(月) 06:05:02

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 13:03:22

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する