Home

技術系のメモと日々の雑感

ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode

CentOS 5.3 で動かしてるサーバが急に反応しなくなった。
仕方ないので強制電源断。
起動してから恐る恐る dmesg を見ると見慣れないメッセージが。

EXT3-fs: dm-0: orphan cleanup on readonly fs
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode
EXT3-fs: dm-0: 29 orphan inodes deleted
EXT3-fs: recovery complete.

orphan は「孤立した」という意味だね。
不要な inode ができていたので削除したということか。
2行目が大量に出ててちょっと冷や汗が出たけど、recovery complete とあるから、ジャーナルのリカバリがきっちり動いてくれたんだろう。
ひとまず安心。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/05/01(水) 11:08:27

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する