Home

技術系のメモと日々の雑感

KRHK-CF2.5IDE のジャンパ

ずっと前に手に入れて使わないままになっていた ThinkPad X40 が家にあるので、玄人志向の KRHK-CF2.5IDE 経由で Sandisk ExtemeIII 16GB(SDCFX3-016G-J31)をつないで CentOS 5.4 を入れてみた。
すんなり入ったものの、いざブートしようとすると CF にアクセスできない模様。
構成はインストールしたときと何も変えてないのになぁ。
調べる気力がなかったので、再び放置して一週間が経過・・・。
上のイメージのように、KRHK-CF2.5IDE にはジャンパ(CF のスロットの左側)が付いているんだけど、この前ふと、これを有効にしたら動きが変わるんじゃないかと思ってやってみたら、正解だった。
ジャンパプラグを外しているとスレーブになるんだね。
自分では外した記憶がないから、買ったときから付いてなかったのかも。
とりあえず動いたので、おまけで簡単なベンチマークを。

# hdparm -t /dev/hda
/dev/hda:
Timing buffered disk reads: 86 MB in 3.03 seconds = 28.36 MB/sec

# dd if=/dev/zero of=hoge bs=100000000 count=1
1+0 records in
1+0 records out
100000000 bytes (100 MB) copied, 0.192883 seconds, 518 MB/s

メモリを多めに積んでいるおかげで、書き込みはすべてバッファに収まっている。
フリーズのような動きはまったく起きないので、思っていたより快適だ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/23(火) 01:58:27

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する