Home

技術系のメモと日々の雑感

MK4009GAL と ThinkPad X40

この前書いた、CF をつないで復活させた ThinkPad X40 のディスクの空きが早くも残り少なくなってきた。
セカンドマシンなので、もうしばらくは我慢しようと思っていたんだけど。
あまりお金をかけず、容量を増やして、パフォーマンスも上がる方法がないか考えて、ZIF コネクタタイプの 1.8 インチ HDD に換えてみることにした。
純正と同じ 4200RPM でもパフォーマンスがぜんぜん違うと聞くと、自分の目で確かめたくなるというものだ。
換装は次のページを参考にさせていただいた。
http://capcake.com/capblog/archives/2008/12/x40hdd.php
早速、aitendo の 1.8ZIF-2.5HDD-V1.2 と FFC(0.5)40P55W-T-HDD と、東芝の MK4009GAL(40GB)を調達。
MK6028GAL とか MK8025GAL を載せてるのはよく見るのに MK4009GAL がぜんぜん見つからないのは、単に容量が中途半端だからかな。
個人的に、というか何となく、このシリーズなら容量に関係なくパフォーマンスがいいのではないかと予想したんだけど、さて、結果はいかに。
おおっ!
予想以上だ。
この X40 はメモリを 1.5GB 積んでるのもあって、XP がストレスなく動くようになった。
噂は本当だった。
巷では中古の X40 が叩き売り状態になってるけど、ディスクさえ高速になればまだまだ捨てたもんじゃないね。
家には X61 もあるけど、放熱対策は X40 の方がしっかりしてるし、マシンの完成度はこっちの方が上かも。
予備にもう一台ほしくなってきた・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:49:03

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する