Home

技術系のメモと日々の雑感

cpuspeed についての誤解

CentOS の cpuspeed って、デフォルトの設定では最低のクロックに固定されてしまうものだと、ずっと誤解していた。
この前、何気なく

gzip < /dev/urandom > /dev/null

で負荷をかけてみたら、ちゃんとクロックが上がるのを見て、ちょっとびっくり。
もっと早く気づいてもよかったのに、我ながら情けない・・・。
底面が熱々になる、家の ThinkPad X61 では有効にしておこう。
って、これはカーペットの上に置きっぱなしにしてるせいか。
あと、このとき分かったんだけど、/proc/cpuinfo の bogomips ってクロックと連動するんだね。
dmesg の

Calibrating delay using timer specific routine.. 4388.99 BogoMIPS (lpj=2194498)

が出ているタイミングで計算して、あとはその値をそのまま使い続けるんだと思ってたなぁ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/22(日) 03:45:52

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する