Home

技術系のメモと日々の雑感

TFTEC IDE-SATAZD のベンチマーク

変換名人 TFTEC IDE-SATAZD家にある古いマシンに SATA の HDD を接続するために、TFTEC の IDE-SATAZD を買ってみた。
マスタ/スレーブ切り替え用のジャンパが付いてないリビジョンだったのが残念だけど、使用上は特に問題なし。
ちなみに基板上の型番は HW-629D Rev 3.1 となっていた。
ところで、こういう変換パーツって、通常の接続の場合とどれぐらい速度差があるのかが気になるね。
調べてみよう。
自分の場合、Linux でしか使う予定がないので、CentOS の起動時間を計ってみることにする。
念のために環境を書いておくと、マザーボードは ASUSTeK P5LD2-VM、HDD は Seagate ST380815AS だ。
まずは通常の SATA 接続で、CentOS 5.4 の GRUB メニューからログインプロンプトが表示されるまでを計ってみると、34 秒。
ついでに hdparm のベンチマークも取っておこう。

# hdparm -t /dev/sda
/dev/sda:
Timing buffered disk reads: 226 MB in 3.01 seconds = 75.07 MB/sec

続いて、IDE-SATAZD 経由で接続してから CentOS をインストールしなおそうと思ったら・・・、そのまま起動できてしまった。
パーティションラベルが付いてるので不思議はないんだけど、便利な世の中になったもんだなぁ。
それはさておき、同じように起動時間を計ってみると、35 秒!?
ほとんど差がないなんて、ちょっと信じられなかったけど

# hdparm -t /dev/hde
/dev/hde:
Timing buffered disk reads: 226 MB in 3.02 seconds = 74.96 MB/sec

こりゃ間違いないね。
千円足らずで買えるパーツなのに、これは意外だったな。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/13(金) 02:16:16

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/10(火) 03:44:38

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/09(月) 06:37:27

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/06(金) 21:47:02

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/28(木) 10:30:49

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/11(月) 16:49:23

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/07(木) 07:58:27

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/07(木) 00:26:41

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/05(火) 09:54:38

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/03(日) 01:39:24

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/02(土) 01:56:52

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/17(木) 17:01:48

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:47:23

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する