Home

技術系のメモと日々の雑感

OpenVZ の中の様子

この前触ったレンタルサーバが OpenVZ で組まれていた。
環境の作り方によって変わるところがあると思うけど、ざっくり特徴をメモっておく。
まず驚いたのが /boot が空だったことと dmesg で何も表示されなかったこと。
ファイルシステムが /dev/simfs ってのも初めて見た。
スワップが割り当てられてないのにもびっくりしたけど、これも OpenVZ の特徴のひとつなんだね。
立ち上がっているプロセス、というか見えてるプロセスは異常に少なかった。

# ps ax
  PID TTY      STAT   TIME COMMAND
    1 ?        Ss     0:00 init [3]
 6141 pts/0    R+     0:00 ps ax
22009 ?        S<s    0:00 /sbin/udevd -d
22279 ?        Ss     0:00 syslogd -m 0
23766 ?        Ss     0:00 crond
24056 ?        Ss     0:00 /usr/sbin/sshd
32393 ?        Rs     0:00 sshd: root@pts/0
32638 pts/0    Ss     0:00 -bash

ちなみに chkconfig では

# chkconfig --list | grep :on
auditd          0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
avahi-daemon    0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
gpm             0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
haldaemon       0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
iptables        0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
lm_sensors      0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
mcstrans        0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
messagebus      0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
netfs           0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
portmap         0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
rawdevices      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
restorecond     0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
sendmail        0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
sshd            0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
syslog          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
xfs             0:off   1:off   2:on    3:off   4:on    5:on    6:off
xinetd          0:off   1:off   2:off   3:off   4:on    5:on    6:off
yum-cron        0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

という具合に、有効になっているサービスが色々とあった。
ifconfig を実行すると

# ifconfig
venet0    Link encap:UNSPEC  HWaddr 00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00
          inet addr:127.0.0.1  P-t-P:127.0.0.1  Bcast:0.0.0.0  Mask:255.255.255.255
          UP BROADCAST POINTOPOINT RUNNING NOARP  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:108297 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:70786 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:263497592 (251.2 MiB)  TX bytes:5248128 (5.0 MiB)

venet0:0  Link encap:UNSPEC  HWaddr 00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00
          inet addr:XXX.XXX.XXX.XXX  P-t-P:XXX.XXX.XXX.XXX  Bcast:XXX.XXX.XXX.XXX  Mask:255.255.255.255
          UP BROADCAST POINTOPOINT RUNNING NOARP  MTU:1500  Metric:1

なんだか見慣れない表示。
あと、目に付くところといったら /proc の下に vz というディレクトリがあって、veinfo と vestat という仮想ファイルが作られてたぐらいか。
残念ながらこの環境は短期間で使用しなくなってしまったので使い勝手は不明。
もっとじっくり見ておけばよかったなぁ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/08/24(土) 12:46:26

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/02/23 07:59:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する