Home

技術系のメモと日々の雑感

OpenWebMail を試してみた

ふとした理由で OpenWebMail を試してみたので手順をまとめておく。
環境は CentOS 5.3 だったけど、もっと新しいバージョンでも大して変わらないと思う。
まずは前提となる Perl のモジュールのインストールから。

# perl -MCPAN -e shell
cpan> install CGI
cpan> install MIME::Base64
cpan> install Text::Iconv
cpan> install HTML::Template

後で分かったことだけど、suid が立っているスクリプトがあって、そのままでは Apache から呼べない。
なのでここで suidperl を入れておく。

# yum -y install perl-suidperl

続いて OpenWebMail のソースを展開。

# mkdir -p /usr/local/src/openwebmail
# cd /usr/local/src/openwebmail
# wget http://openwebmail.org/openwebmail/download/release/openwebmail-2.53.tar.gz
# tar zxvf openwebmail*
# mv data/openwebmail /var/www/html
# mv cgi-bin/openwebmail /var/www/cgi-bin

カレントディレクトリ直下に cgi-bin と data というディレクトリができるから、他のファイルと混ざらないように、あらかじめ専用のディレクトリを作ってから展開した方がいいね。
さて、動かすための設定を入れていこう。
ログイン認証のパスワードは /etc/shadow を見にいくように /var/www/cgi-bin/openwebmail/etc/defaults/auth_unix.conf をちょこっと修正。

passwdfile_encrypted /etc/shadow
passwdmkdb none

メインの設定ファイル /var/www/cgi-bin/openwebmail/etc/openwebmail.conf は環境に合わせておく。

mailspooldir /var/spool/mail
ow_cgidir /var/www/cgi-bin/openwebmail
ow_cgiurl /cgi-bin/openwebmail
ow_htmldir /var/www/html/openwebmail
ow_htmlurl /openwebmail

で、設定を反映するおまじない。

# /var/www/cgi-bin/openwebmail/openwebmail-tool.pl --init
Please change '/var/www/cgi-bin/openwebmail/etc/dbm.conf' from

dbm_ext .db
dbmopen_ext none
dbmopen_haslock no

to

dbm_ext .db
dbmopen_ext .db
dbmopen_haslock no

And execute '/var/www/cgi-bin/openwebmail/openwebmail-tool.pl --init' again!

おおっと、怒られてしまった。
親切なメッセージに従って /var/www/cgi-bin/openwebmail/etc/defaults/dbm.conf を手直ししよう。

dbmopen_ext .db

これであとは Apache の AddHandler cgi-script .cgi .pl を有効にしたらできあがり。
ログイン画面は http://[IP or host]/cgi-bin/openwebmail/openwebmail.pl だ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/02/23 06:44:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する