Home

技術系のメモと日々の雑感

rsync と名前解決

rsync をデーモンモードで動かしたマシンにファイルを転送すると、名前解決が原因で処理が遅いことがあった。
実行中のログを見ているとファイルの転送は特に問題はなくて、「building file list ... done」の後にセッションを張りにいくところでもたついている感じ。
で、現象からは原因がまったく思い付かず、切り分けのひとつで /etc/hosts に送信元を追加したらスムーズに処理されるようになった。
本来は DNS で解決するところだけど、今回はデータ転送用の孤立したネットワークで使えるサーバがなかったので。
よく考えたら rsyncd 側でホスト名でのアクセス制限なんかも設定できるので、名前が引けなかったらこんな現象が出ても当然か。
なので、rsync で思ったほど速度が出てないと感じている人がいたら、名前解決がきちんとできているか一度確認してみるといいかも。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/07/06(金) 10:41:48

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/01/21(土) 00:26:38

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する