Home

技術系のメモと日々の雑感

Sleipnir のエクスプローラバー

Sleipnir のエクスプローラバー(左端か右端の細長いグレー部分)は使わないので以前から無効にしているんだけど、設定方法がイマイチ分かってなくて、何かの拍子に表示する設定に戻ってしまうことがあった。
で、こないだ色々とオプションをいじっているうちにやっと動きが分かった。
表示されないようにするには、分かりにくいので順を追って書くと

1.Sleipnir オプションの [Dock] - [エクスプローラバー] を選択
2.「エクスプローラバータブと連動する」を一旦有効にする
3.Dock(お気に入りなど)を表示&非表示してエクスプローラバーが消えた状態にする
4.再度「エクスプローラバータブと連動する」を無効にする

という操作が必要だった。
つまり、この設定は表示状態に依存するわけだね。
ややこしい〜。
ところで、この設定にしているのは家の PC の画面が狭くて、少しでもページを広く表示するための苦肉の策なんだけど、実はこの設定を調べているときにもっと使いやすい設定を見つけてしまった。
上と同じくエクスプローラバーのオプション画面の中で

1.カーソルをウィンドウの端に持って行くと Dock を自動表示する
2.必要の無くなった Dock を自動で隠す

の2つを有効にしてから Dock を非表示にすると、マウスカーソルをウィンドウの端に持って行ったときだけ Dock を表示してくれるようになる。
ずっと Dock(お気に入り)を表示したまま使っていたので気付かなかったよ〜。
さらに「エクスプローラバータブの動作」で「サイドバーとしては使わない」にしておくと若干レスポンスがいいみたい。
それにしても、こんな設定で悩むぐらいならもっと大きいモニタがほしいよ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/17(木) 14:34:31

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/09(火) 20:16:49

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する