Home

技術系のメモと日々の雑感

rsync をデーモンモードで動かす

以前に rsync をデーモンモードで動かしたときのメモが出てきたので、引っかかったところだけメモしておくことにする。
環境は例によって CentOS 5。
まず、Web にある情報を元に以下のような適当な rsyncd.conf を作った。

pid file = /tmp/rsyncd.pid
read only = false
uid = backup
gid = backup
secrets file= /etc/rsyncd.secret
hosts allow = 192.168.100.1/32
hosts deny = *
[backup]
path = /home/backup/

しかし、実行してみるとどうもこの設定ファイルを読んでいる気配がない。
xinetd 経由で起動するようになっているので /etc/xinetd.d/rsync を見てみると

service rsync
{
    disable         = no
    socket_type     = stream
    wait            = no
    user            = root
    server          = /usr/bin/rsync
    server_args     = --daemon
    log_on_failure  += USERID
}

特に変なところはなさそうだけど、ひょっとして設定ファイルの場所を明示的に指定してやらないといけないのかと思って

service rsync
{
    disable         = no
    socket_type     = stream
    wait            = no
    user            = root
    server          = /usr/bin/rsync
    server_args     = --daemon --config=/etc/rsyncd.conf --port=873
    log_on_failure  += USERID
}

という風に修正したらうまくいった。
う〜ん、デフォルトではどこを見に行くんだろう。
ちなみに、ポートはデフォルトから変えなければ指定しなくてもいいので「--port=873」は単なる気休めだったりする。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/22(日) 06:43:45

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/16(月) 06:08:58

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/15(月) 06:37:37

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/07/04(水) 07:08:31

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/10/28(金) 01:51:37

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/07/19(火) 11:20:58

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/06/22(水) 21:44:15

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/06/16(木) 09:53:43

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する