Home

技術系のメモと日々の雑感

CentOS と Turbo のデュアルブート

以前、TurboLinux 11(FUJI) の環境を作ったときに CentOS とデュアルブートにしたんだけど、Turbo の GRUB の設定に少しクセがあってハマったのでメモっておくことにする。
パーティションは

/dev/hda1  CentOS用 /boot
/dev/hda2  CentOS用 /
/dev/hda3  swap(共用)
/dev/hda4  Turbo用 /

こんな感じ。(Turbo 用の /boot がないのには深い意味はない)
で、先に CentOS を入れていたので、Turbo のインストール時には GRUB の設定をスキップして、後で CentOS 側の grub.conf に以下を追加した。

root (hd0,3)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.23-2 ro root=/dev/sda4
initrd /boot/initrd-2.6.23-2

Turbo は IDE でも /dev/sda で認識するので「root=/dev/sda4」にしている。
この状態で起動してみると Kernel Panic になってしまった。
メッセージを見るとルートパーティションが見付からないとのこと。
試しに「root=/dev/hda4」にしてももちろん駄目で、/dev/hda4 に設定されているラベルに変えてみても同じ。
これは調べるよりも Turbo のインストーラが設定する grub.conf を見た方が早いだろうと思って別のマシンにインストールしてみたら

kernel (hd0,3)/boot/vmlinuz root=0804

となっていた。
Kernel Panic のときのメッセージをもう一度よく見ると、確かに 0804 と出てたけど。
こんな書き方もできるのか・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する