Home

技術系のメモと日々の雑感

grub.conf と menu.lst (続き)

前に CentOS の GRUB は grub.conf を参照しているというエントリを書いたけど、先日 Vine 4.2 を使ったときに CentOS とまったく逆の設定になっていることに気付いた。
つまり、menu.lst がファイルとして存在していて、それに対するシンボリックリンクが grub.conf になっていた。
これって一体?
念のために GRUB がどっちを参照しているのか確かめてみると、grub.conf(シンボリックリンク)を削除して menu.lst だけにしてみたときは問題はなくて、grub.conf だけにしてみたら起動しなくなった。
予想はしてたけど動作も CentOS とまったく逆だ。
ディストリビューションのポリシーの違いといったらそれまでだけど、ここまで真逆にする理由って何なんだろう。
謎は深まるばかり。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/28(日) 21:45:26

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/02/23 01:17:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する